ビジネス

イノベーションキラー ~反対する者達~

挑戦するときに絶対現れるイノベーションキラー

多いですよねイノベーションキラー。

絶対なんですよね。

やりたいこと、挑戦しようとした時、それが大きな物なら大きいほど多数になるイノベーションキラー。

イノベーションキラーってめっちゃ書いてるけど、イノベーションキラーって何?

そもそもイノベーションとは何か?

物事の「新結合」「新機軸」「新しい切り口」「新しい捉え方」「新しい活用法」(を創造する行為)のこと。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%8E%E3%83%99%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3

ひらたく言えば新しいやり方、新しいアイディア、新しい何かで、社会に価値を創り出すこと。

今までのルールや、今までの組織、今までのやり方と違った事をして、新しい物、事を創り出す事。

そして、それをする者をイノベーターと言う。

イノベーションキラーとは??

新しいことを始める時に現れる、

  • どうせ無理だ
  • 前例が無い
  • 誰もやっていない、だから無理
  • リスクがある
  • やるにはまだ早いよ
  • お金がかかる

このように反対だけをしたり、阻害する人達の事。

イノベーションキラー、アイディアキラー、ドリームキラー。

新しい事、価値についていけない人達

いつの時代も新しい人達が新しい価値を作っている。

だけどついていけない人達がこのようなイノベーションキラーになりがちです。

そんな人達と対峙した時、イノベーションを起こしたい人が気をつけたほうがいい事。

今回のテーマはその話。

イノベーションの起こし方-西野亮廣

西野さんが言うイノベーションキラーになりがちな人3タイプ

  • 既存のルールを信じている人(既存のルールで成功している人)
  • 折り合いをつけた人
  • 何もわかってない人

確かに。

これは成功した人、成功しようと頑張ってる人、理解できない人。

誰にでもイノベーションキラーになる可能性がある。

これを聴いて、改めて気をつけると共に締めくくっていた大事な事。

何度でも説明する

そんなイノベーションキラーが立ちはだかった時必要な事。

わかってない人、理解できない人に何度でも説明する必要がある。

そして、イノベーターの周り(仲間)の人間は『その話聞いたよ』と言うツッコミは言ってはならない。

なぜなら何度も説明する必要があるから。


なるほどね〜。

さすが『革命のファンファーレ』、『新時代』を書いた人。

興味がある人は読んでみて。

革命のファンファーレ
新時代

何かを新しくやりたい時、イノベーションに限らず、挑戦をする時、諦めずまわりに説明する大切さ。

そして、話に出てきた数字で結果を出す。

結果が出ると反対した人も認めるしかないですもんね。

勉強なりました。


そんな西野亮廣さんの本が置いてあるカレーの美味しいカフェはこんな感じ↓

ホームページ : https://dj336.com/kissauf/

食べログ : https://tabelog.com/osaka/A2705/A270501/27095574/

ツイッターやってます!店のスケジュール、最新情報、マスターの気持ちをつぶやいてますのでフォローお願いします! https://twitter.com/kissauf